公益財団法人 東京都結核予防会 トップ  サイトマップ  お問い合わせ
アクセス

ご挨拶 結核とは 施設のご案内 組織案内 リンク

目的・活動内容
東京都結核予防会とは
結核予防会は、当時(亡国病・国民病)と恐れられていた結核のまん延に対して、皇后陛下(香淳皇后)の令旨を奉戴し、秩父宮妃殿下を総裁に仰いで昭和14年5月22日に「公益財団法人結核予防会」が設立されました。
以来、政府の施策に協力して、結核病学の研究、結核予防の普及活動等の結核予防事業を推進してまいり、平成6年4月からは、総裁に秋篠宮妃殿下が奉戴されました。
東京都支部(東京都結核予防会)は昭和18年11月24日に設立し、東京都の結核予防対策に積極的に協力を行うとともに、地域・職域・学校健診を通し、広く都民の疾病予防と健康づくりに寄与し現在に至っています。
平成25年4月1日より当財団は公益財団法人としての認定を頂きました。


健康診断をお考えの事業主の方へ


シール募金について
複十字シール運動は、結核予防を目的に世界の約80カ国で行われています。
詳しくはこちらをご覧ください↓
複十字シール募金


健診センターの様子
墨田区にある当会の診療所においては平成8年に竣工いたしました。
3Fと4Fまでを診療所として活用して、職域健診・学校健診等の来所健診を行なっております。
健診センター

健診車紹介
本会は以下のレントゲン車を合計7台所有しており、ご希望の場所にお伺いをして、レントゲン検査を始めとした各種健康診断を行なっております。
お気軽にご連絡下さい。

2トントラック程度の大きさの小型レントゲン車です。
小型とはいっても装備は通常のレントゲン車と変わりはありません。
小型の長所を生かし、今までレントゲン車が入れなかった狭い場所にも入っていけます。
使用電源は100Vを使用し、車載発電機も搭載しています。
小型車


4トントラック程度の大きさがあります。
短時間に大勢の人を撮影できるメリットがある間接撮影と、より詳しい判定(診断)が出来る直接撮影、両方行なえる装置を搭載しています。
使用電源は家庭用と同じ100Vを使用します。
車載発電機を搭載している車両もあります。
レントゲン車


胃のレントゲン検査と胸部のレントゲン検査の両方に対応できる車両です。
胃胸部対応車としては非常に小型です。
大きさは、長さ7.45m、幅2.36m、高さ3.17m
胃部レントゲン車


撮影は立位の他、車イスの方でも行なえるように数々の工夫が施されており、今まで検査を受ける機会の無かった方にも安心して受診していただけます。
また、撮影したレントゲン写真がディスプレーで表示され、医師が同乗することによって即時の診断が可能です。また画像データ保存の強みを生かし、過去のデータとの比較も容易に行なうことが出来ます。
大きさとしては大型車程度です。
使用電源は車載の発電機を使用します。
CR車

トップに戻る トップに戻る


このサイトについて    採用情報    プライバシーポリシー Copyright © 2013 Tokyo Anti-Tuberculosis Association All Rights Reserved.